4月11日発売! 金沢発のレモネードbyレモニカが金沢の老舗菓子メーカーとコラボしたレモネードビーバーを食べてみた。レモンの酸味が絶妙に合う~。

私の住む石川県金沢市から発祥したレモネードbyレモニカ。

人気もうなぎ登りで、全国90店舗を超えていますのでご存じの方も多いのではないでしょうか。

特にこれから暑くなっていくにつれ喉の渇きを癒してくれますよね。

過去にはその会社が出したタルトをご紹介させて頂いております。

amikupool.com

そんなレモネード専門店が同じく地元金沢の老舗菓子メーカーとコラボした商品が発売されました。

それが・・・

北陸製菓株式会社「レモネードビーバー」

178円(税別)(地元のスーパーにて)

です。

正直可愛くてインパクトのあるパッケージに惹かれて買っただけで、レモネードと揚げあられのコラボってあまり期待していなかったのですが、これが実に美味なお菓子だったのでご紹介させて頂きます。

 

 

この商品について

「レモネード専門店 レモネードbyレモニカ 監修」の文字が期待をさせます。

ビーバーというお菓子はご存じない方も多いかと思いますが、地元石川県で昔からある揚げあられです。

昔からあるプレーン味に加え、現在は白えびビーバー、のどぐろビーバー、カレービーバー、地元力士の炎鵬監修の炎鵬ちゃんこビーバーなど多彩なラインナップとなっております。

話題性も含めて、しっかり流行も取り入れていますね。

中でも「のどぐろビーバー」は過去に記事も書かせて頂いております。

amikupool.com

いやあ、パッケージがインパクト大でしかも可愛いですね。

広告でもしっかりコラボしています。

この辺は上手ですね。

原材料名です。

内容量は65gです。プレーンと白えびが78g、のどぐろとカレーが70g、ちゃんことレモネードが65gとだんだん少なくなっているのが気になりますが・・・まあ色々と大人の事情があるのでしょうね(笑)

カロリー表示です。

アレルギー情報です。

 

食べてみた

袋を開けるといつもの見慣れたビーバーの見た目です。

皿に出してみると、やっぱり量はあまり多くありませんね。

これは味が相当旨くないと満足できなさそうです。

それでは一口・・・

おうっ! なんと爽やかな味でしょう。

レモネード感がしっかりとあります。

爽やかなのですが、しっかりと旨みもありますね。

これは超好みで、ん? 手が止まりません。

日高昆布をまとった和の揚げあられと、レモネードの洋が合うのかと不安でしたが見事にコラボしていますね。

塩は「鳴門の焼き塩」を使っているそうでこれが旨みを増大させているのかもしれません。

 

まとめ

いやあ。これは人に一口あげたくなるお菓子ですね。

個包装ではないので今の時代向かないのかもしれませんが、人にも勧めたくなるくらい美味しいお菓子です。

一つ難点はこのビーバーシリーズ、歯にちょっとつまりやすく取れにくいという点がありますのでご注意ください。

一度試していただきたいのですがお近くのスーパーとかにない場合はヨドバシドットコムでも売っているようですので良かったら食べてみて下さいね。

また、数量限定ですがレモネードbyレモニカのお店でも買うことが出来るそうです。

ではではおとーちゃんはまた、美味しいもの探しの旅に出かけます。バイバイ!